タケウチTRS-PROをGOTOH GE1996Tへ交換しました

モディファイ

こんにちはモッパーです。
今日はですね、僕のメインギターであるKillerのFASCIST VICEを改造したいと思います。
改造と言ってもそんな大改造では無いんですけどね(笑)

このギターにはロック式のトレモロが付いてます。今付いてるのがタケウチ製のTRS-PROという物。
これをゴトーのGE1996Tに換装します。

これね、大きな加工なしにポン付け出来る!はずなのです(笑)
そのあたりを確認しながらやっていきます。

TAKEUCHI フロイドローズライセンストレモロ

TAKEUCHI TRS-PRO

その前に、あまり詳しくないんですけど、ちょっとだけタケウチを紹介します。

タケウチ製のフロイドローズは精度が高い割にお求めやすい価格だったらしくて、ハイエンドモデルではなく、ミドルクラスからエントリークラスのギターに多く搭載されていたそうです。

大きくわけて3タイプあったようです(TRS-PRO、TRS-101、TRS-505)
本家フロイドローズオリジナルと同じタイプはTRS-101で、TRS-PROはその名の通り本家のPROシリーズと同形状のようです。505は弦のボールエンドを切らずに引っかけるタイプだったようです。
それぞれけっこう人気があったそうです。熱心なタケウチファンもいたらしいです。
ヴァン・ヘイレンモデルのギターにも搭載されていたそうですよ。

ところがタケウチさん、もう廃業しているんですよ。だから生産されていなくて、今では手に入らないんですよ。残念ですね。

つまりは、アフターサービスはもちろん、パーツ類の入手も困難なんです。まだブリッジサドル等のパーツはネットで販売されてたりしますけど、在庫限りだそうです。

そもそもの交換理由

さて、なぜ交換することになったのか
このタケウチTRS-PRO、ちょっとだけ具合が悪い所があるんです。
3弦のストリングロックスクリューのネジが スムーズに回らないんですよ。演奏中に弦が外れたことはないので、ちゃんと弦のロックは出来るんですけど。

緩めて取り外して交換しようと思ったんですが途中で止まってしまってネジが外せないんです。とにかくコレだけがスムーズに回せない。ネジ山が潰れてしまってるのかもしれません。無理に外そうかとも考えましたが、復元できなくなると困るので断念。

ブリッジサドルごと交換しようかと思ったんですけどね、ほら、入手困難なうえにお値段が(笑)

あとね、アームのガタツキも気になるポイント。トルク調整用のキャップナットを締め込んでいくとガタツキは小さくなるんだけど、自分好みのトルクに合わせると、少々ガタがあるんですよね。
ハウジングごとアームを他社の製品に交換しようかとも思ったのですが、これまたけっこうなお値段でして(笑)

なんやかんやでコストや今後のことを考えると…
いっそユニットごと交換しちゃえ!ってことになったんです。

それでね、フロイドローズオリジナルは音が良いとか言うでしょ。材質によって音が変わるとか。

そう言った意味も考えながら、いろいろ調べてみたら、ゴトーの製品がとても良いという所にたどり着いたのです。ま、フロイドローズオリジナルは高いからね、ゴトーはコスパ良し!ってことで。

それでホームページにGE1996Tの図面があったので、TRS-PROをアチコチ測定し互換性があるのかチェックしてみました。確実ではありませんが、ポン付けでイケそうな感じです。

ちなみに、この時のゴトーさんのホームページの図面がとても参考になりました。なので、僕が測定したTRS-PROの測定データも公開させていただきます。
ひょっとしたら誰かのお役に立てるかもしれないので。

なお、今回はアンカーは交換しておりません。スタッドのピッチは74mmで同じだったのでTRS-PROのアンカーのまま交換しますよ。

ただ、GE1996Tには高さ調整後にスタッドが回らないようにロック出来る「スタッドロック機構」がついているんですよ。それが使えないのがちょっと残念ですけどね。

そして交換。はたして互換性はあったのか

TRS-PRO & GE1996T

取り外したタケウチとゴトーを並べて比較。
ま、当たり前ですけど、サイズ的にはほぼ同じ。

ファインチューナーとストリングロックスクリューの位置が違いますね。
ゴトーはフロイドローズオリジナルの形状を踏襲しております。タケウチTRS-PROは全高が低いのが特徴ですね。

個人的にはロック式トレモロのこのメカメカしさが大好きです。

GE1996TをKillerに載せました。

GOTOH GE1996T

オッケー!ポン付け出来ました!
と、スムーズに換装できたのですが、1つ問題が発生。

アームアップ するとストリングロックスクリューの頭がリセスに干渉する可能性があります。
Killerのリセス形状が段付き状になっていてそこにスクリューが当たりそうです。
と言ってもセッティングにもよりますが、かなりアームアップしないと干渉しないと思います。

どうしても干渉する時はリセスを加工しなきゃいけませんね。
まぁ、僕の場合はアームアップはほとんどしないのでとりあえずは現状のまま使用します。

アームダウン方向はまったく問題無くスムーズに動作しました。

※Killer FASCIST VICE のリセス形状のデータを公開しました。

サウンドとプレイアビリティは

肝心の音のほうは…
ゴトーのブリッジは音の立ち上がりがよろしいというレビューを読んじゃったので、プラシーボ効果かもしれませんが、心なしかキリッとした立ち上がりに感じました。
ですが、元々、このギターは音の立ち上がりが良いので、激変した印象はありません。

そしてアームのガタつきも全くありません。さすがのゴトー製品、その精度の高さに大満足です。
トルク調整には六角レンチが必要ですが、しょっちゅう調整する部分でもないので使い勝手が悪いとは思いません。

いかがでしたか?
今回はタケウチTRS-PROゴトーGE1996Tに交換してみました。リセス形状さえ合えば、ポン付けでイケますよ。

同じような事を目論んでいるタケウチユーザーの方、ぜひ参考にしてください。

今回のゴトー製トレモロはこちらで購入しました

GOTOH ( ゴトー ) / GE1996T Chrome(36mm)
【サウンドハウス】

今回購入したのは、カラーがクロームでブロックサイズが36㎜のタイプですが、他にもバリエーションがあるので購入する際はご自分のギターにあったタイプを選択してください。

コメント

  1. まぁ より:

    この記事を待っていました。あまり他にこの手の情報がないため、参考にさせて頂きます。

    • モッパーモッパー より:

      まぁさん
      コメントありがとうございます。
      そうですね、タケウチの情報ってあまり見かけませんよね。
      お役に立てて何よりです。