弾きにくい時はネックの反りをチェック!自分で調整してみましょう

セッティング

こんにちはモッパーです。

今日はネック調整について書きます。
ネック調整とは「ネックの反り具合を調整すること」です。なんだか難しいイメージをお持ちの方もいらっしゃるかと思いますが、はたしてどうなのでしょうか?

そもそもネックの反りって何?
どうやって診断・調整するの?
お店での料金は?自分で出来るの?

様々な疑問があると思います。出来るだけ詳しく書いていきます。

ネックの反り

ほとんどのネックは木材で作られています。その為、張られた弦のテンションや温度や湿度等の影響で反りが生じるのです。

ネックの反りは大きく2種類に分かれます。

指板面方向に湾曲している状態を順反り、ネック裏方向に湾曲している状態を逆反りと言います。
順反りが大きいと弦高が高くなり弾きにくくなりますし、逆反りだとローフレットでビビりが発生します。

他には「ねじれ」や「波打ち」などの複雑な反りも発生します。

その為、製作時に金属製のトラスロッドが仕込まれていて反りを矯正する事が可能です。

トラスロッドの仕組み

トラスロッドとはどんな物なのでしょうか

金属製の棒状の物で 、製作時にネック内部にたるんだ状態で組込まれています。両端が固定されていて、片側にはネジが切られ調整用のナットが取り付けられています。

このナットを締め込むとトラスロッドは真っ直ぐになろうとします。この力を利用してネックを逆反り方向へ変化させるのです。

調整料金

さて、お店でトラスロッドによるネック調整をしてもらうと料金はどれくらいかかるのでしょうか。調べてみました。

大手楽器店から工房までさまざまな料金設定がされていますが、概ね2000円前後といったところですね。 もちろん、ネックの状態等により料金は変わります。

必要な工具

調整するために必要な工具は六角レンチ、ボックスレンチ、ドライバー等です。調整ナットは様々な形状があるためそれに合った工具を使いましょう。

それでは調整手順を見てみましょう

ネックの状態を確認する

まず1フレットと最終フレットを押弦します。その状態で12フレットでの弦とフレットの隙間を確認します。わずかに隙間がある程度が良好とされています。数値で言うと約0.5㎜程度でしょう。

隙間が無い場合はネックは完全なストレート状態か逆反りと言えます。
大きな隙間がある場合は順反りと判断します。

調整

状態が確認できたらいよいよロッドの調整ナットを回していきます。

順反りなら締め込む、逆反りなら緩めます。つまり順反りなら時計回りに、逆反りなら反時計方向に回します。

調整ナットはヘッド側にあるタイプとネックエンドにあるタイプがあります。ネックエンドにあるタイプはネックを取り外さないと調整できない物もあります。この時、カポタストを装着すると弦がまとまり作業がしやすくなりますよ。ヘッド側にあるタイプはトラスロッドカバーを外す必要がある物もあります。

1度に回し過ぎない

個体差によりロッドの効き具合は違います。効き目がすぐに現れる物、時間をかけて効いてくる物。
ナットを回して調整をするのですが、一気にたくさん回すのはやめましょう。急激な形状変化はネックにダメージを与えます。
一般的には一度に回すのは45度程度まで、1日に合計90度程度までとし、状態をチェックしながら調整しましょう。

弦のテンションによっても状態は変化するので、きちんとチューニングをし、先ほどの方法で状態確認をしてください。 この時、隙間が0.5㎜程度でもローフレットのビビりが気になるようでしたら、やや順反り方向へ調整してみてください。

以上が調整手順となります。

複雑な反りの場合は

ただし、トラスロッドによるネック調整は重度の反りは矯正出来ません。また、トラスロッドの調整幅にも限界があります。
ねじれ、波打ち等の複雑な反りが発生している場合は迷わずプロのリペアマンに相談することをお勧めします。

いかがでしたか?
思ったよりも簡単じゃないですか?
慣れてしまえばそんなに時間もかかりませんので、自分でチェック&調整をしていつもベストなコンディションでプレイしてくださいね。

それでは皆さん、ぜひネック調整にトライしてみてください。